閉じる

設備工事部

山崎 崇

TAKASHI YAMASAKI

2009年中途入社

ここだから、
できることがある。

幅広い経験を積めるのが魅力

大阪で10年間、同じ職種の会社で働いていましたが、父の病気を機に地元の九州に戻って仕事を探すことになりました。そのときに出会ったのがこの会社でした。私が入社を決めた理由は、これまでに鉄道施設などの工事に携わったことがなかったことと、さまざまな商業施設を運営している西鉄のグループ会社だからこそ、幅広い経験ができると思ったからです。気付けば2009年に入社してから10年以上が経ちました。

念願のプロジェクトに参加

これまでの仕事で特に印象に残っているのが、入社5年目頃から携わった大橋駅の改修です。入社当時の部長に「大橋駅の改修があるから、そこに行ってもらう予定だ」と言われていて、ずっと待ち構えていたプロジェクトでした。2019年4月に「RAIRIA Ohashi」がグランドオープンし、6月に大橋駅名店街のリニューアルが完了。工事自体は2017年から約2年間でしたが、設計や事前工事として行った空調設備更新工事なども含めると、約5年の歳月を費やした大がかりなプロジェクトとなりました。

人とのつながりが仕事のやりがいに

設備工事とひと言で言っても、空調・換気設備、衛生設備、消火設備など多岐に渡ります。そのため、施主さんや協力会社の方など、多くの人たちと関わりながら一つの現場を完成させます。一緒に仕事をした方々から、「また一緒に仕事がしたい」「しよう」と言っていただけると、成功したと感じることができ、それが仕事の意欲につながっています。大きな現場や新しい設備があるような現場を経験したいという気持ちが強いので、チャンスがあるなら積極的に挑戦していきたいです。

これからの自分について

今後の目標としては、やはり新しい技術や設備にすごく興味がありますので、そういった現場には積極的に携わっていきたいです。特に、天神や博多といった福岡の主要エリアの再開発が進んでいますので、何か一つでも携わることができると良いですね。また、自分の施工管理の技術を高めていくことはもちろんですが、人に対するケア、後輩の指導、この辺に関しても「ああなりたいな」って思ってもらえる人になれたらと思います。